ホームページ制作アトリエ

心えがおホームページ制作 atelier(アトリエ)は、ホームページ・動画制作、教育ICT・アプリ開発、名刺・ポスター・チラシの作成を行っております。

トップページに外部サイトのRSSフィードを取得・表示

カテゴリー:Wordpress
今までカスタム投稿のRSSを読み込ませていたのですが、結局カスタム投稿って使わないよね~ってことで、どうせならよく更新しているサイトのRSSを読み込ませてしまおうと思って、今回のプログラムを書きました。 使った関数は「fetch feed」関数です。

fetch feed関数

・・・この関数は、外部の RSS フィードを取得して解析します。WordPress の本体に含まれているオープンソースの SimplePie を使用しており、キャッシュを自動で生成する機能も用意されています。Codex
Codexにサンプルソースがあったので、これを見ると簡単に設置できました。 「http://example.com/rss/feed/goes/here」部分に取得したいフィードを入力すると、SimplePieによってRSSが表示されます。
array 関数を使い、配列にすれば、複数の RSS フィードを同時に取得して、複数の RSS フィードを1つにまとめて時系列に並べて表示することも可能です。(このプログラムは別記事にて書きます) ・・・すべてのフィードから最新5件を出力します。

・・・0件から始めて指定した件数までの配列を生成します。

・・・比較演算子です。つまり、記事を見つけることが出来なかったら「No items.」がエコーされます。

欲しいプログラムを付け加えていく。

※どこに書き込むかは自由ですが、必ずループの中にいれてください。

日付けも表示させたい場合

記事のはじめの文章も取得させたい場合

ここでは文字数の制限を使っています。上のコードでは文字数が50文字となっており、それ以降は表示されません。

文字数の制限方法

サンプルコードのままでは、タイトルの全てが表示されてしまうために、レイアウト崩れを起こす原因になります。 上のコードで、文章の文字数に制限をかけましたが、タイトルも文字数の制限がほしいところです・・・。 使う関数は「mb_substr」関数です。

◆参考
PHP Manual マルチバイト文字列 関数[mb_substr]

26a (1) 今回は、女磨きのサイトのRSSを取得・表示させています。
get_item_quantityには(3)を入れています。
タイトルの文字制限数は10文字に設定。
記事抜粋の文字数は20文字に設定。