人間学

心理学、実践心理学NLP、脳科学、潜在意識、量子力学



欲求5段階説

今日で夏休みも終わりかー・・なんて話していたら、 父(元校長)いわく、既に学校が始まっている地域が殆どなのだという。 早いところでは、一週間も前に始業式を終えているんだと。。
「あー、そりゃ「生きてる意味が分からない」って言う小学生が増えるの頷けるなー(前にどこかの新聞に書いていた)」なんて父に言ったら。
「生きてる意味なんか、そもそもない。無いものを探すからおかしくなる。」と返された。
で、思ったのは
【生きている意味を考えるってこと自体が危険信号】 だということだ。
私もそうだったけど、病気になる前まで、生きている意味とか考えたことなかった。
それを考え出すっていうことは、「生きているのが辛い」ということの現れなのだと思う。
「なんでこんなに苦しい思いをしてまで生きなきゃいけないんだろう」
→「あれ。ていうか何のために生きてるんだっけ」
→「くそー!生きている意味をくれー!!」
って感じ。
それを文句にしてみたら「生きている意味がわからない」になるわけだ。

しかしね、以前にも「私は声にならない声を聴いている」と書いたけど、人間の表層に出てくる部分というのは、かなり省略可された言葉なのだ。
つまりは、
「(生きる為に)生きている意味をくれー!!」
ってこと。
NLP(Neuro-Linguistic Programming)の応用心理学的な技法のワークで、チャンキングというのがあるけれど、それに当てはめても解ける部分。
この場合はチャンク・アップ(chunk up)になる。
生きる意味が欲しい→「質問:じゃあ、それが手に入ったら、あなたはどうなりますか?」→「生きられます!!」
ってことね。

潜在意識の声

さて、ここで「生きる為に」って言っている時点で、すでに自分は「生きたい」って言っていることに気が付かないだろうか。
潜在意識にある本能が叫んでいるのに気が付かないだろか。

すなわち、生物(有機体)にとって「生きる」という生存欲求(マズローの欲求5段階説:画像1)というものは無意識(本能)に組み込まれたプログラムである。
30b

そうえいば、スティーヴ・ジョブズ(Steve Jobs)氏の卒業スピーチにも、
【死を意識することは役に立ったが、単に頭のなかの概念でした。天国に行きたい、という人さえ、死を望まない。】という文面があった。
だからこそ、「生き地獄」という領域が存在しているのかもしれない。。。
私は、生きることも死ぬことも出来ないという領域にいた時期があった。
抜け出れば、生きているだけで丸儲けっていう言葉がぴったりくるくらい、生きているだけで笑えるくらい(頭おかしくなったわけじゃないよ笑)幸福だと感じることができた。
そして、生きているだけで満足せずに、欲深く生きている人間が汚くも思えた。
(※「生きる」ということが最高の欲であると気づいたのはそれから後の話である)
余談ですが・・・マズローは、この欲求5段階説を発表した後に、「よく考えてみると、逆だったかも?」なんて言っていたそうです。
どういった理由からなのかは、調べていないので私の見解で語りますが。。
おそらく、これは人類の進化に伴い肥大化した前頭前皮質のなせる業なのではないかと考えています。
30c
スタンフォードの自分を変える教室 – ケリー・マクゴニガル
例えば、夢のために睡眠時間を削るミュージシャンや舞台俳優など・・・(自己実現>生存欲求)
仲間に入れてもらうために、危険なことをおかす組織犯罪・・・(所属欲求>安全欲求)
人から愛される為に、お腹が空いていても食べ物を我慢して痩せることが出来たり・・・(承認欲求>生存欲求)
このように、人間は複雑な生き物になってしまいました。。。
特に、日本は江戸時代に「お家」というのを大事にしてきた国であることから、他の国に比べると「所属の欲求」(第三次欲求)が強いかもしれませんね。
それゆえ、仲間外れにされたり、人から見下されたりを恐れます。そして、回避するために大切な命を削ることもあります。
・・・まあ、恐怖って・・・
起きたことないから想像が膨らんでデッカい怪物みたいになっているだけ
で、実際に起こると・・・だんだん蚊が刺したくらいの痛みになってくるもんです。笑
実際に私は、道場で「認められない」という私にとって最も恐怖である体験を、グッサグサされる修行を受けること40日・・・
認められようとしていた自分が滑稽に思えてきて、穴があったら入りたいと思うくらい恥ずかしい気持ちになりました。
(※ついでに書くと、他人から承認されようとするのは自分が自分を認めていないからくるものです。認める=愛)
貴方が恐れていることも、起きてみると大したことないのかもしれませんよ。
それより怖いのは、そんな妄想にエネルギーを持っていかれて、今をないがしろにすることです。
余談とか言いながら・・・結局長くなってしまいました。(・・・本文より長い?;)
そして何が言いたいのかわからなくもなってきたので、この辺で終了にしておこうかな笑
最後にまとめを書くとすると、
私が今、感じているのは、この5段階というのは並列なんじゃないかということだ。
人間は欠けている部分があればそこを補充しようとする。
特に人と比較をする人ほど「欠けている」を探しがちになる。(※比較することが完全に悪いわけではない。また機会があれば書くが、人は他者と比較をすることで、自分の存在を知ることが出来る)

そして人によってその重要度も様々であり、一人の人でも、時期によって違ってくるものなので、常に一定の順番にあるとは言いきれないのではないだろうか。

また、感じ方(生まれ持った因子DNA)に組み込まれた部分も影響が出るとは思う。
参考:【人格形成】クロニンジャーの7因子パーソナリティ理論
例えば、人情深い人であれば、他者を喜ばす為に自分の睡眠時間を削ったり、食べ物を分け与えたり出来るだろう。