潜在意識で望みを叶える

心理学、実践心理学NLP、脳科学、人間学、量子力学、素粒子物理学



人の期待は裏切っていい

記事:大丈夫。「良い子」をやめても、あなたはいい子だから
を、Facebookでシェアしてくださった方、本当にありがとうございました。
お蔭で、最高PV一万越え!!と、沢山の人に読んでいただけました。
書いたのは私ですが、想いを伝えてくださった方が、あの記事に命を吹き込んでくださったと、感謝しております。
本当に、いつもありがとうございます。
こんにちは。
心えがお代表 岸田知佳です。
引き続き、「信じる」という愛のカタチについてお話をします。
私が頻繁にいただく質問のひとつに、
「17歳で東京によく出してくれたね、親は何も言わなかったの?」
といった質問があります。

その時に親が何を言ったかどうかは忘れました。

でも、ただ一つ言えることは、あの時、
「自分の病気やけん、自分で絶対治してくる!」
という私(の言葉)を、親は信じてくれていました。
いいえ。『あの時』じゃなく、
あの時からずっと、今も。です。

過去の話

私は東京に着き、変わろうと決めた証として、すぐにピアスを開けた。
「優等生」をやっていて病気になったんだから、不良になったら治るんじゃないか?
そんな気がしていたのだ。

私は母にこう言った。 「ひとつ、絶対なお願いがある。私はこれから痛い目に合うかもしれない。最悪、私が死んだとしても、お母さんは悲しまないでほしいんよ。私は、幸せだったって、思ってほしい。「あの時に行かせなければ・・・」って、苦しまないでほしいんよ。そう思われることが、私は一番辛い。」
決して死にたいと思っていたわけではない。
むしろ、どこかワクワクしていた。
私にとっては冒険だった。

自分を変える冒険。
しかし、せっかく実家を離れたというのに、何をするにも「自分が愛し過ぎている家族」という存在が、私の邪魔をしてきた。
この時、「愛しているから殺す」の意味が理解できた。
事もあろうに、私は、「家族がいなければ、病気は治る」と、思っていたのだ。

※だからと言って、目に見える外的世界(三次元)にいる相手を本当に叩きのめす必要はない。無論、「ため息、睨む、暴力、脅す、殺す」というコミュニケーションは歪んだコミュニケーション(対人関係療法)である。

そして22歳の冬。

過干渉で、私を愛し過ぎた祖母が、天に召された。
私は実家に帰り、お葬式に出席。
そして、火葬場で祖母の肉体との別れの瞬間、
私は大声で泣いて叫んだ。


ごめんなさい!

ごめんなさい!

ごめんなさい!


自分でも訳が分からなかった。
何故、私は謝っているのか。
何を誤っているのか。
周りにいるお葬式に集まってくれた親戚も、さぞかし私が悪い事をしたと思ったろう。
母に聞いた。
「あの時、『ごめんなさい』って言ったんて、変だったよな。なんか、その言葉しか出んかった。」
でも、今ならわかる。
私は祖母の期待を裏切ったのだ。
私は、子供の頃から周りに期待されて育った。
とくに、祖母には。
「知佳ちゃんは、頭がいいなぁ」と褒められると、
頭がよくなくちゃいけない気がした。
裏切る事が怖くて、私は隠れて勉強をするようになった。
他にも、何かと褒められることが多かった。
褒められるごとに、私は鎖で縛られていくようだった。
これぞ本当の意味で褒め殺し。
長女として、「この家を継ぐから・・・」と期待をしていた。
小学校の頃から相続税の話を聞かされ、好きになる相手は次男じゃないとダメだと言い聞かせられていた。
お蔭で、今でも相手が次男かどうかをとりあえず聞く(笑)



期待を裏切れなかった。


その後、しばらく私は罪悪感で苦しんだ。

23になり、私は銀座でホステスとなった。

気まぐれで、気分屋のお客さんは、「明日行くよ~」なんて言っても、その日の気分で来なくなる。
「あと1時間で行くよ~」なんて言っても、店に来る途中に可愛い女の子に勧誘でもされればそっちへ行く。
人間の気分なんて瞬時に変わるモノなのだと、気付いた。
私はいい意味で人に期待をしなくなった。

するとどうだ。


裏切られることがなくなった
同伴ですっぽかされたとしても、自分の見る目が無かったのだと思うだけで、相手を責めなくなった。
期待をしていないから、傷つくこともない。

失敗をした。・・・次から気を付けよう。

というような学びにしかならなくなった。
お蔭で、人を責めるという無駄な時間を過ごす事が減り、人をよく見るようになった。

そう。。

「人が」「勝手に」期待をし、
思ったように動かない相手に対して、
勝手に」裏切られたと傷を負う。
それに気付き、
私にあった祖母への罪悪感は消えた。
私は、自分を生きただけ。
悪いことは、何一つしていないんだ。

真の「信じる」という行為には、「裏切り」は存在していない。

父も、母も、最初から私のことを信じてくれていた。
東京に出ると言った時も、
ダンサーになると言った時も、
銀座でホステスをすると言った時も、
私を止めなかった。
「知佳なら、どんな仕事をしても正当にやり抜くだろう」
と、言ってくれた。
私という人間そのものを信じてくれたから、今の私が出来上がっている。
16まで、自分(自我)が無かった私が、
約10年をかけて、
唯一無二の存在である「自分」が在る。
という状態になったのだ。
てなわけで、前回の記事で期待して読者登録してくださった方は、私に裏切られるので期待をしないようにしてください!笑