女磨き

スキンケアと体内美容

ブログ

blog

シンデレラパック@美人貯金さんより

美容ブロガーさんの間で既に話題&大人気の炭酸パック「シンデレラパック」のモニターに選ばれました!
シンデレラパック これね、二酸化炭素の特性を利用して作られたフェイスケアパックなの。
もともとアトピーや床ずれの治療のために生み出された炭酸ジェルパックを化粧品として進化させた「ドクターズコスメ」。
国際特許も取得していて、その高い能力からすでに多くの医療機関やエステサロンでも使用されているっていうんだから、安全性もしっかり保証されています!

この記事の目次

炭酸パックとは

図に書くとこういう事

シンデレラパックの凄いところは、この抗酸化力!!

ま、論より証拠。やってみよー!!

ジェルをパウチから絞り出すと鮮やかなオレンジ色。

そこへもう一つのパウチに入っている白い顆粒を投入

これを付属の木製スパチュラでお肌に1~2mm厚さに塗っていきます

30分経過したらさっきの木べらでジェルを大体で取り去ります

炭酸パックの効果

炭酸パックとは

炭酸パックて聞いても始めての人はどんなものかピンと来ないかもしれないから、ちょこっと説明しますね。説明書には・・・
二酸化炭素をジェルに封印する事によって、皮膚の表面から素早く血管にまで浸透した炭酸ガスが酸素を皮膚細胞の中に呼び込み、酸素でお肌を活性化させる事が出来る画期的なパック。
って書いてるんだけど、ちょっと解りズライよね~(;・∀・)

図に書くとこういう事

シンデレラパック つまりは炭酸ってとっても細かいから、お肌にすっと吸収してくれるんだよね。
で、浸透した炭酸ガスが血管を拡張させ、ヘモグロビンから酸素を皮膚細胞へ流してくれるってわけなんです。
それによって、「アミノ酸」「セラミド」「ヒアルロン酸」がコラーゲン合成を促進してくれるんです。
何より酸素を沢山供給された細胞は新陳代謝が活発になるのだよー♪
ここまでが基本の炭酸パックの説明ね。

シンデレラパックの凄いところは、この抗酸化力!!

シンデレラパック 角質柔軟作用に優れ、従来のヒアルロン酸の2倍の保湿効果があるといわれている「スーパーヒアルロン酸」を配合していて、さらにβカロチンの40倍、ビタミンEの1000倍の抗酸化能力があるといわれている「アスタキサンチン」も配合されているってこと!! だから、美白、美肌作用だけでなく、アンチエイジング効果まで期待できちゃうんだってー!!

ま、論より証拠。やってみよー!!

女磨き ≪キット内容≫
  • ジェルベース
  • 類粒
  • 木べら
※ジェルを混ぜるカップは自分で用意したものです。

ジェルをパウチから絞り出すと鮮やかなオレンジ色。

シンデレラパック このオレンジ色がビタミンの1000倍の効果を持つというアスタキサンチンの色なんだそう。

そこへもう一つのパウチに入っている白い顆粒を投入

シンデレラパック 使用時にジェルと顆粒を混ぜ合わせて使うのでとても新鮮だよね。

するとこれ見て!
ジェルがプクプクと盛り上がってきました!!
シンデレラパック
※ここで注意
混ぜ合わせ過ぎないように手早くがポイント。

これを付属の木製スパチュラでお肌に1~2mm厚さに塗っていきます

シンデレラパック
ここであご、首ラインが小顔に効果的なんだとか!!
あと、ラップをするとさらに効果UP★

時間が経つにつれてちょっとずつ肌が引き締められて行くのを実感!!
なんだかジェルに肌の毒素をすいとられていくみたい~!
そして・・・そのまま待つこと30分。。。
シンデレラパック 意外だったのは、見た目絶対垂れて来そう~って思ったんだけど、思いの外しっかりしたジェルでドロドロと垂れてくる事もありませんでした。
なので私はコタツでパソコンをしながら、パック中だという事を気にせず過ごせましたよ。

30分経過したらさっきの木べらでジェルを大体で取り去ります

最後にお湯に浸したコットンタオル(またはガーゼなど肌に優しいもの)で拭ってジェルを完全に取り除きます。

炭酸パックの効果

お…おおおおお?!!?!!?!!
すいません。謝ります。正直わたくし、炭酸パックをなめておりました!!
本当にたった数分でお肌がワントーン上がった!?!!
シンデレラパック でもこれって10日間続けて使うのが一般的みたい。大体の人が5日くらいで確実に効果がみえてくるんだとか。
絶対欲しいー!!
こないだの記事で高くて買えなーい!とか言ってたけど、これだったら高くても買っちゃいます。
1回でこの効果でしょ?
これを10日間連続でやったらどんだけになるんだろう。
これは試さなきゃ!!
ランキングに参加しています。クリックしてくださると更新の励みになります(_ _*)ペコリ にほんブログ村 美容ブログ 女磨きへ